風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

過去の私が助けてくれる

f:id:nanv:20160527011301j:image

遅くなるとわかっている日だったので、今日は、朝のうちにお米を研いで、ザルにおいておいた。

帰ってきたら、水と一緒にお米を炊飯器に入れて、スイッチ入れるだけ。

朝風呂派から夜風呂派になった。
すると、朝、ぎりぎりまで寝ていられることがわかった、
なので、なるべく夜にお風呂に入ることにしている。

今ちょっと頑張っておけば、未来の私が楽になる。
そう思ってやれていることを、こっそり、良くできた!素敵!と思っている。

今日のお風呂は、さばっと浸かって出ようと思ったのだけど、風呂に入ったら気持ちが良くてなかなか出られなかった。

明日もぎりぎりまで寝よう。疲れも案外とれているだろう。そのために長く浸かっていたのだ。
そうなのだ、多分。