風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

アンコール修行中

f:id:nanv:20170329181807j:image

(カレーおじや。安いミントの苗を買って来て、もう大きい部分を切って乗せた。大葉感覚)

 

モラハラの彼と、別れたと思ったらそうじゃなく、アンコール修行または修行のおかわり中の私。

 

あれから、私からは連絡していないのだが、彼からはたまに連絡が来る。

 

そこで、今までにないような内容をもらった。

 

「今日は雨が降るみたいだよ」。

 

私は、自分と話し合って、友人にも相談して、彼のことは変に無視はしないで、人としてきちんと接しようと決めていた。

 

なので、「もうやんだみたい。教えてくれてありがとう」と返した。

 

今まで、「雨が降るみたい」なんて、何でもないこと、送ってきたことあったっけ?

 

まるで、今まで私が彼に送っていたメールのようだ。

 

そして私は、彼に連絡しないことが淋しくなくなっている。

私の中のニュー彼に、よく語りかけている。

 

ところで私は、自分のウニヒピリを、彼に見立てて話しかけると、何か摑めるなあと思っていたところだった。

 

ウニヒピリは、ウニヒピリがクリーニングするのはこれだ!という記憶を私に見せるけど、それが辛いと私はウニヒピリに文句を言ってしまっていて、ウニヒピリは傷ついていることが多いらしい。

 

だから優しく話しかけることが大事で、こっちの思い通りになんて出来ない、思い通りに行かせたいから、ともかくクリーニングの言葉を唱えるというのは、ウニヒピリにも迷惑なのだと言う。

 

あれ?それって、私と彼の関係と似ているのでは?と思った。

 

今は、彼がコンタクトして来てくれたら、たいていありがとうと言っている(コンタクトの回数じたい、とても少ないが)。

私は、彼の思うタイミングで連絡が来るまで、特に気にならず過ごしている。

 

だから、ウニヒピリに優しくすることが、彼に優しくすることに、どこかでつながっているんじゃないかと思っている。

 

私の中で、そのことは、確信に近い。

 

それで、未来のニュー彼(想像)が降りてきて、彼に日々あったこと、楽しいことを話しかけているのだけど、このニュー彼というのは、私自身なのではないかな?と思っている。

 

私は、私自身と、あまり話して来なかったのだろうか?

そうかもしれない。

 

彼と別れようと思えた時、執着が落ちたと思った。

 

執着なしで、大切な彼を愛した時、私にどんな世界が見えるのだろう。

 

 

昨日は新月だった。

長年使った折りたたみ傘が壊れた。

好きなカフェに寄って、たっぷりアファメーションした。

 

少し、あたらしい私。

 

アンコール修行は、やはり、ひとつ修行が終わったから来たのかもしれない。

 

良い、明日にしよう。

 

POI