風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

チャンス到来

f:id:nanv:20170625205514j:image

 

怒涛の観光の3日間が終わり、泥のように寝ている。

アーユルヴェーダなんて、ってくらい、寝て寝て寝て、ごはんを食べたらまた寝て、という感じで、午後まで寝てしかいなかった。

 

天気は雨だったが、弱かったので、葉っぱ触ってアイスブルーのクリーニングもしたいしと、大きな公園へと出かけた。

 

昨日が新月だったので、ちょっと遅いが、お気に入りの場所でアファメーションを書いたりして、充実した時間が過ごせた。

 

今は、「はじめてのウニヒピリ」という本を手本に、毎瞬クリーニングの日々で、ウニヒピリに話しかけてクリーニングし続けているのだが、チャンスが到来した。

 

また、という感じなのだが、あれ?これ大切なひとと別れられる?というやりとりがあって、最近はまたかー、と思って流してしたけど、今回は、チャンスと思って流さないといいかも!とふと思った。

 

ウニヒピリ…なのかもしれないし、私もいいかげんいいんじゃないかと思ったのかもしれない。

 

今の大切なひとは、まさにクリーニングするために出会ったひと!って感じだ。

 

先日仕事でお会いしたヒーラーさんも「ソウルメイトね♡」と言っていたし。

 

ウニヒピリも、彼が子どもだったらという感じの風貌を想像して、よく話しかけていたのだけど、「はじめてのウニヒピリ」を読んだら、想像出来なくても良いらしいので、この何日間は何かやめている。

 

自分の中の自分に話しかけている感じ。

 

私は、実は、大切なひとに自分からさよならを言いたくない。

その記憶をまた作りたくないのだ。

自分からさよならと、彼がまた彼女にふられるという記憶を。

 

けど、そこはカルマってやつなのか、彼は彼女にふられようとして行動しているとしか思えないのだ。

 

私は、そこに乗ってはいけないと思っている。罠だ、みたいに。

 

モラハラのひとは何をしたいのかって、文句が言いたいのだ。何か文句を言うために、いつもアンテナを張っている。

 

だから、文句を言う相手がいないのも困る。

それで別れないのだ。

または精神障害だから、何故自分が別れるなんてことに?とか思ってるかもしれない。

 

あれ?別れたら別れたで、一生文句言えるか。

誰に?ネットに、かな?

 

まあでも今回はもうしょうがないので、もう話さないってなったので、コンタクト取ってきても無視するしかないかな、などを考えている。

 

ウニヒピリとも相談してみて。

 

このブログを遡ってたら、ホ・オポノポノ始めてみて、多分一年くらいなのだが、ホ・オポノポノ、アーユルヴェーダ、冷えとりで、きちんと始めてたのはホ・オポノポノが最初だった。

道具がいらないからかな笑?

 

服部みれいさんが「いかに私がウニヒピリをないがしろにしてきたかがわかりました」というようなことを書いていて、うーん、私はまだわからん、と思っていたのだけど、「はじめてのウニヒピリ」で、わかるかも?に近づいた気がする。

 

私も「なんてウニヒピリを無視して生きて来たのか!」と思ったりしてるので。

 

いやー、私は相性良かったです。

「はじめてのウニヒピリ」。

 

もっともっと、クリーニングしていこうと思う。

 

私が私らしくなるために。

 

大切なひととの仲は、その時の自然に委ねたいと思う。

 

失敗したってまたやり直せば良いし!

ん?この場合の失敗って何だ笑?

 

東京はむし暑い夜ですが、良い眠りを。

 

POI