風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

自分→他人→自分

f:id:nanv:20170727091539j:image

 

うそー、10時間くらい寝てるのに眠くて眠くて会社休みたいくらい!!

 

めんげんぽいなあ…。

そして蓮村誠先生の本をまた新しく読み、ヴァータの乱れなんかも意識した。

 

ああ、そこでつながるの、っていう。

 

アーユルヴェーダでの風の性質、ヴァータは(私はそれが一番強い)規則正しくない生活や、長時間の空腹で乱れてしまう。

午後に眠くなるというのは、ヴァータの乱れは結構関係あって。

 

それで、めんげんの出てる時って、体に溜まった毒が出ているってことだから、また体に入るものや入れるタイミングを考えて過ごすと、次の季節の毒出しが楽かもしれない。

 

そこでヴァータを整えるという観点も足してみれば良いのか、と考えた。

 

毒出しの時は無理して食べなくて良いらしいが、空腹でストレスになるヴァータのひとは、規則正しく食べて次の毒出しに備えればよいのかな。

そう、勝手に解釈している。

 

前置きが長くなったけど、本題へ。

 

元・大切なひとと別れようと、私としては別れたと思っているのだけど、人格障害を持っているかも、などと少しでも友人に話すと、身の危険に気をつけてねと言われる。

 

でも私はモラハラ男性と付き合って、身が危険だったことは一度もない。

たまたま彼らは体力がなかったのだ。

 

(元夫に離婚と引越しが決まり、住所を教えた時「ストーカーとかしないよね」と言ったら「そんな体力はない」と返され納得したものだった)

 

むしろ、家に来るくらい、私に執着があれば良いのだが、それはないのだ。

 

よっぽど自分のことだけ好きなんだろな…。

 

と、この間まで思っていたのだが、多分、彼らは自分のことは嫌いなのだ。

だから他人も好きにはならない。

 

自分なんかどうでもい人間だと、自分を卑下すると、他人もどうでも良く扱ってしまう。

 

淋しいな…。

 

けど、それは、半分は私の鏡でもある。

 

私にも自分が嫌いでしょうがない時がある。

以前はその時間が多かったと感じる。

 

こんなに駄目な私を好きになってくれるひとなんていないんだ、と思ってたら居た!だから、恩をお返ししようとしたけど違うと気付けた結婚時代。

 

私はなかなか素敵な人だぞ、と知ってはいても、そうではない部分を映しての元・大切なひと。

 

事実からしても、元・大切なひとは、とてもなまけもので、言い訳ばかりして、ネットで文句をたくさん集めていて、おかしなひとと知り合ってしまったのだが、分かり合える気がしてしまった。

 

その時、共有して行きたいものの一つが一致していたのだ。

 

でも、これからは勇気を持って、ひとりになって、見極めなければならない。

 

例えば冷えとりやってるからと飛びついてはいけない。

その時の私から何を映しているか、自分で知った方が良い。

 

他人を見極めるのではなく、自分を見つめて、決めるのだ。

 

障害があったっぽい、モラハラだった、でもそれは彼らのことだけど、私を映していて、その彼らが私に彼らのやり方で接して来る。

 

自分から巡って、自分に返ってくる。

 

だからって全部私が悪いんじゃないけどね。

でも、パートナーに映された私の一部は、私の奥底のお冷えさまくらい強大なものかなと感じている。

 

私はそれに立ち向かうのではなく、あたためて行きたいと思う。

 

あらためて、私のパートナーだった方に感謝したい。

あとウニヒピリにもね!

 

午後の眠さもあたためて行けるかな笑?

 

ではまた明日。

 

POI