風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

自分のための日 二日目

f:id:nanv:20170730205418j:image

 

いやー、昨日の朝は涼しかった!

レギンスや靴下はいてなかったら寒かったかも!

 

それでも寝不足だったので、冷えていた私。

お白湯飲んで半身浴したら、一日ちゃんと過ごせて、ちょっと驚いた。

 

午前中の記憶があまりないが、何してたのかと思ったら、このブログ書いてたのか(爆)…。

ブログ書いてる最中にあれこれ寄り道したけどね。

 

自分と対話するノート、新しいのが欲しくて、ちょっと電車乗って一番近い無印でも行くか、と思ったら、画びょう探したついでに、もったいなくて取っておいたノートが出てきて行かずに済んだ。

 

無印、行きたかったんですけどね…。

 

あと、何か、便が午前中だけで3回も出た…。

何だ?これ、何だ?

 

と、おしゃれすぎる昼食を作り(写真)、ひゃっほうとなって、午後の部が開始。

 

ウニヒピリと話し合って、今日は自分との対話を楽しむ日にすることに。

あと、昨日出来なかった、ここ3ヶ月の振り返りと。

 

今、すごくお金はないけど、好きなカフェで。

 

いやあ〜、あの自分との対話ってやつは、本当面白いね!!

いつまででも書ける!

 

以前は朝起きたら、そんな感じのノートをつけていたのだが、今はこのブログがその代わりになっている。

 

自分ときちんと対話してみると、やっているつもりが、自分の本当の気持ちをないがしろにしていることがわかる。

 

他人の目ではなく、自分の目で自分を見る。

 

これが、本当に出来てるつもりが出来てない。すぐに他人の目でばかり見てしまう。

まあそれも自分で作った他人の目なんだろうけど…。

 

そんなことに気付いて、自分は自分!と思える方法を探った。

 

これも、日々やっていること、ポノとか陽転思考とかあるのだけど、アファメーションをあまりしてなかったなあと思い出した。

ちょうど連休初日に、ウィリアム・レーネンのアファメーションをやってみるか…なんて思ってたところだったので、心の奥底では気付いていたのかも。

 

エミール・クーエの自己暗示のことなども調べて、アファメーションして行こうと決めた。

 

今、私は、とにかく元気というか、平静でいたい。

落ち込んでもリカバリを早くしたい。

 

そのことに、ホ・オポノポノも、冷えとりもアーユルヴェーダも、とても役に立っている。

ものの切り取り方が、世間一般と違うからだ。でも、道理はある。

それに慣れてきてしまって「とにかく首のつく所をあたためよう」とか聞くと、いやそれ違うじゃん、とか普通に思うようになってしまった。

 

この間も、裸足にサンダルのひとばかりの中で、一人レギンスと靴下だったが、雨にも濡れたし、エアコン近くの所に座ることになったし、やっぱり冷えとりしてて正解と思えた。

 

冷えとりもね…、楽しくてねえ…。うふふ。

 

少し前に、松浦弥太郎さんの本を久々に読んだ。

一時期とても好きで、服部みれいさんの前によく読んでいた。

 

その本には、自分の味方を作ろう、増やそうということが書いてあるのだが、松浦さんが紹介している「味方」とは、ほとんど自分の中にあるものだった。

 

マナーや、道具や、時間などだったと思う。

 

私の中に味方をたくさん作れば、私はひとりで自分の平静を保つことが出来る。

 

友人に愚痴を言うのも、もちろん良い。

それ、する。

けど、自分の時間に合わせて、落ち込みリカバーの手段が取ることが今の課題だ。

 

今はゆっくりしてて落ち着いているが、出来なくなることも多いだろう。

でも今は、何度もぶち当たってるこの壁を乗り越えたいのだ。

 

パートナーは、居る。

それは自分。

 

心の奥底の冷え冷えの自分。

 

そのひとをあっためることが、早いリカバーになるはず。

 

今日は、そのための準備の仕上げの日にしたい。

出来る、ね!

 

昨日も「これくらいで一段落するかな?」と思ってた時間ぴったりに、書き物が終わったのだ。

 

あ!思い出した!

昨日の朝は繕いものをたくさんしたんだった!

冷えとりで破けた靴下とか、手作りの服で上手く縫えてなかった部分とか。

 

繕いものもねえ〜、生活度高いよねえ〜!幸せ度高い!!

気持ちよかった!

 

本当に毎週、週4日休みだったら生活も労働もバランス良いよね〜。

 

まだまだこの休みで出来てないことはたくさんある。

 

で  も  !

まずは図書館に行っちゃいます♡

 

そして、ちょっと本気でやること整理します 汗。

 

では良い月曜を!

 

POI