風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

これも自分/ 食べ物づくりの話

f:id:nanv:20170805063055j:image

 

ふふふ。

ついに借りてきたぞ。

 

中島正さんの「都市を滅せ」。

半身浴しながら読んでいる。

 

「都市を滅せ」が、マーマーマガジンforMENの影響か、予約数が多く、とりあえず何か中島さんの本をと平飼い養鶏Q&Aみたいのを借りたんだけど、何とそれもかなり面白かったんだよね。

 

もーう、みの虫!ダーチャ!な気分の私だ。

 

さて、月に1、2回、外にランチする機会があり、昨日はその日だった。

一緒に行く相手が他部署のひとで(私の部署が小さすぎて、そこの会社のひとはだいたい他部署)、新しいひとを連れてきてのランチだった。

 

にぎやかで良かったが、どうも他部署のその二人は、会社に不満を感じているようだった。

 

息苦しくてお昼は外に出る、とその中のひとりは言っていたけど、私は今のところ自席で楽しくアーユルヴェーダ弁当を食べている。

別に働きにくくもない。

 

話を聞いていると、求めているものが違うんだろなと思った。

私も時間が経てばこうなるのかな?と、どきどきしたりもしたけど、幸か不幸か私の環境は良さそうなので気にしないことにした。

 

とは言え、何でこういう場面に出会うかって、やはり自分の中の何かを反映してるんだと思う。

 

何故、自分が苦しむのだろう?

何故、このひとはこんな困った人なんだろう?

 

と思っても、ホ・オポノポノでは、それは100%自分の責任。

それが最近とてもわかるのだ。

 

なのでクリーニング。

必要なタイミングだから、ウニヒピリが見せているのだし。

 

うーん、そんなに嫌かなあ、あの会社。

話を思い返してみると、嫌なのは会社ではないような気がするなあ。

 

私にとっては、落ち着く、楽しい会社だ。部署だ。

うれしいな。

 

こうやって、自分は自分、ってやって行けると良いな。

 

 

さてさて、やっている時は、これ今度書こうと思っているけど忘れている、私の食べ物づくりのことを。

 

私は、ここのところ何ヶ月か、鍋で炊飯している。何か…美味しいのだ。

それで、電気炊飯器と違うのは保温がないところ。

 

食べる直前に炊けば良いのだけど、私の家は何とコンロが一口。

忙しい朝は、ごはんを先に炊いておくのが自分の中では良い。

でもこれから変えようかな。

 

それでそれで何が言いたいかと言うと、湯たんぽのそばにおいて、ひざかけをかけておくのだ。

 

冷えとりしてると、こんな楽しいことがあるのねー!

 

また、ひざかけの中に鍋が入ってる姿も愛らしくて良い。

 

あと、ベランダ家庭菜園で、にらとバジルが元気な季節。特にバジルがすごい。 

 

なのでバジルを使える料理をなるべく作って(冷麦ですら!)食べている。

すごいぞ、収穫して3時間以内の、憧れの高オージャス料理!

 

これからミニトマトがなるので、とても楽しみにしている。わーい。

 

しかしネギやニラってすぐ根腐れするのね。水一回やったら、真夏でも1週間は元気で伸びる伸びる。

ニラを増やせないかなと画策中…。

 

そして来年は、小さくても何か畑をやろう。

北海道に行く準備のひとつだ。

 

今日は私の住んでるところは晴れ間が続き暑くなっている。

ここのところ曇りで涼しくて、トマトが赤くならないなあと思っていたのだ。

 

天気と食べ物が直結してる生活、面白いなあ。

 

良い午後と夜を過ごします。

 

POI