風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

境界線の効力

f:id:nanv:20171004085708j:image

 

うー、さぶさぶ。

秋、深まってまいりましたね!

満月前で少しジャンク期、あんこパイがおいしいです!

 

この間まで、とても嫌いなひとがいて、対処に困っていたのだけど、最近すっかり平気になった。

 

一度、半身浴で考えて、おや!気付かせてくれてありがとう!みたいなことはあったのだけど、ここまですっきり平気になるのは珍しい。

 

多分、毒親の本で境界線を引くことを知ったからだと思う。

 

先に毒親である母親の話をすると、私のことが好きではなく、私を遠ざけようとする母親に、愛されたいと努力してきた小さな少女である私は、そのせいでモラハラ男性にばかりつかまってしまった。

 

それはそれで、とても勉強になったのだけど、次こそは、楽しくハッピーに恋愛し結婚し、愛を二人で謳歌したいと思っている。

 

そんな時に読んだのがスーザン・フォワードのパーソナル障害や毒親の本だ。

 

特に「毒親の棄て方」での毒母への対処法は、どうかと思うものも多々あったが、実践する価値を感じた。

 

その中で取り入れているのが「境界線を引く」というものだ。

 

母親が私をコントロールしてきそうになったら、境界線を引く。

例えば、自分の将来の希望は話さない。天気やテレビの話しかしない。

 

先日、ゆうパックを実家に送ったが、ゆうパックは、田舎の我が家に親切に、不在の場合は玄関フードに置いておくというクロネコヤマトのような融通がない。

 

母親は、以前それを私に訴えていたが、出かけた際に、郵便局が寄りやすかったので、私はゆうパックを選んだ。

 

細かくて、どうでも良いことかもしれないが、今まではそういうひとつひとつに気を遣って来ていたのだ。

 

なので、そういうのをやめていっている。

 

それで、嫌いなひとの話。

 

嫌いなひとと私は途中まで帰り道が一緒で、二人で話すのが私は嫌だ。

母親と同じで、飲み込まれてしまうからだ。

 

なので、別のルートで帰っている。

 

そんなことするなんて私って小さい…と思っていたのだけど、境界線と思ってやってみたらとても快適!

小さいヤツでも、自分が守れるって、気持ちが良い!

 

毒親からの影響は、そうした、人間関係の隅々まで出るが、そうやって対処すれば良いのだね。

 

そこまで腹に落ちるまでが長かったけど、そんなもんなんだろうと思う。

 

週末の帰省が楽しくなさそうだったけど、少し光が見えてきた。

 

それにしても、私の母親の、私が要らない攻撃はきついなあと思う昨今だ。

でも、だからと言って母親の代わりを探してパートナーとつきあうと痛い目見る。

 

ニュー彼(想像)さん!私、こころを鍛えてますので!少しずつ近づいて来てください!!

全然待ってます!

 

恋愛呼吸読み直して、呼吸もしてます!笑

 

では、境界線をうまく使って良い一日にします。

 

みなさんも良い一日になりますように。

 

POI