風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

駆け巡る記憶

f:id:nanv:20180208065449j:image

 

お酒も飲まず、食べすぎず早く寝たので、早く目が覚めた。

 

起きる前の10分ほど、ごろごろしていている時、たくさんの記憶が自分を駆け巡っていた。

 

たくさんのひとに会い続けている。

それを伝えるべき相手も居て、私は連携をして行きたいと思っている。

 

この駆け巡る記憶は、それはそれで眺めておいてクリーニングして、シンプルに自分のすべきことをして行くのが良いと思っている。

 

または、すべきことをするために、クリーニングする記憶を次々と見せられているのかもしれない。

 

ひとり。

 

それは、大きなキーワードかもしれない。

 

ひとりで、今まで築いてきた仲間とはまた別に、ひとりで、自分を表現する。

 

それをする勇気もなかった私に、やっても良いと、やっと自分に許可を出すことが出来たようだ。

 

もっと、もっと、もっと、もっともっともっともーーーーーーっと!!!

私は自分に許可を出して良くて、母親や周りの人々、親しい人々の目とか気にしなくて良いはず!

 

私には、私が確立したやり方や知識が、実は、あるのだ。

努力家だし、賢いし。

こんなこと必要ないけど、誰かと比べたら賢くないけども。でもそれはきりがない。

 

そんなことで、自分を下げる必要は、ない。

 

私は、無敵で良い。

私が無敵であることで、他の人に特に迷惑はかからないはず。

 

無敵って、味方ばかりってことだもんね。

敵がない。それだけ。

 

誰かの迷惑、私が苦手とする人々の迷惑とか、本当、考えなくて良いはず。

いや、良い。

 

どきどきしながら、やって行こう。

肩の力を抜いて、気を楽に。

 

私は、私を愛し、私に愛されている。

 

(…何だか今日は降りてきたみたいに文が書けました…。不思議)

 

みなさんも、それぞれに、自分のことを愛してあげてくださいね。

 

POI