風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

私を信じる、好きになる、認める リターン

f:id:nanv:20180320191804j:image

 

昨日は眠たかったー!!

と、何故かまた仕事がちゃんと終わったので30分の残業で帰って来れた。

 

巡りが良い感じがする。

 

1週間ほど前から気持ちが上がって来ていて、そういう時、私はこうなる。

 

・自分がかわいい(見た目)

・お酒を我慢できる

・楽しい発見を色々して、それを伝えたくなる

・願望が叶いやすい

 

オージャス溜まったんだなあ〜と、感心して、うれしくありがたく思っていた。

 

あ、あとあと、

・自分の才能を客観的に認められるようになる

・褒めてくれるひとも増える

気がした。

 

ちょっと脱線するけど、客観的に認めている自分の才能を認めない場所や人は、本当にクソだ。

離れても大丈夫。

 

だって私が認めているから。

 

本当、この度のオバハン少女とオッサンに振り回されたりしたの、それ、おかしいなあ!って感じだもの!!

 

頭のおかしいひとたちに合わせる必要なんて、ないんだ!

 

ないんだなあ!!(気付いてびっくりした)

 

そう思えた時、心は本当に自由に羽ばたくなあ〜と思った。 

 

調子の悪い時も、このひとかけらでも持っていられたらなあ〜と思う。

 

私は、私を信じる、ということがずっと出来ないで来た。

それはとてもこわいことだと思っていた。

 

私を信じると、悲しむひとがいる。

それは毒親である母親だ。

 

彼女から、私が楽しいと周りのひとが不幸せになるという呪いをかけられて生きて来た。

まだ、それは全て解けたわけではない。

一生、全部は解けない可能性もある。

 

で、それとまた違う角度で、私は私を信じられないで来た。

そうしないと、みんなが受け入れてくれないのではないかというこわさから。

 

んー、まあこれも呪いかなあ?

 

私に魅力があるわけがない。みなさんのおかげだ。奢ってはいけない。

私のことをみんなは好きではない。私から好きで参加しているから、面倒臭い人でもやむを得ず一緒にものをつくっている。

 

…などなど、自分の素晴らしい才能と優しさと経験とを無視してやって来た。

 

かわいそうに、私。

 

でも、もう良いのだ。

私は知ってしまった。

 

自分に強さがあることを。

魅力があることを。

才能があることを。

柔らかさがあることを。

優しさは、もちろんあったけど、それを利用されなくても良いということを。

 

私は私で良いことを。

 

つらくて、悩んで、助けを求めて、さらして、そこから進みたくて、傷つきながら経験をして、考えて。

 

それで、良いのだ。

 

私は、人に頼るということを、プライドもあるが、あまりして来なかった。

したこともあるけど、それは高い依存心からのことも多かった。

 

また、その依存心からモラハラのひとと付き合ってしまい、頼めることも頼まない状態にもよくなっていた。

 

これから私は、ほどよいひとたちと付き合って、頼って行く(アファメーション!)。

 

きちんと生活をしていて、クリエイティブな才能もあって、お互い助け合って楽しく暮らして行くだろう。

行くんだ。

 

また、こころの痛みや、日々感じていることも分かち合って生きて行くのだ。

 

私はそして、感謝をたくさん感じながら、更に強さを増して行く。

 

そして私の中のニュー彼、ウニヒピリとも共に生きて行く。

彼らもどんどんたくましくなっていっている。

 

それは私のたくましさでもあるんだけど、さ。

 

弱くて、たくましい私で、やって行こう。

 

今日は春分

星占いの元旦!

 

また気持ちを切り替えて行くぞー。

 

みなさんも、それぞれに、良い春分の日をお過ごしくださいね。

 

POI