風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

おはよう、世界

f:id:nanv:20180410064359j:image

(うふふ、ミスド。ココナツチョコレートが好きなのだけど、ないので小さなボールのを)

 

朝起きると、ちょうどさわやかな光が差してくるようになった。

本当にその光が美しい。

 

世界におはよう!って言いたくなる。

 

朝起きたら、まず、ウニヒピリにおはようと言う。

今日も一緒にクリーニングしようね、って。

 

そしてニュー彼にも。

そして先日ワークで連れてきたインチャにも。

 

おはよう世界。

 

私が生きていて良い世界。

 

私は、何処かの時点で、生きていること、存在を否定された。

まずはいじめが思い浮かぶが、それは親からいじめられていたからだと思う。

 

私だけが、かわいがられてなかった。

障害を持つ姉と、末っ子長男の間に生まれた聡明な子だったから。

 

私はそれでもやっていけるように、絵を描き、字を覚え、楽しくやっていた。

父も、母も褒めてくれなくても。

 

でも、本当は褒めて欲しかったんだろうな…。

 

今も、褒めてくれるひとを探している。

 

でもそれは、私がやれば良い。

おとなの私が、当時の私を守ってあげれば良いらしい。

 

そういうインナーチャイルドの本を読んだ。

 

昨日から、心がざわざわすることがあると、私の中のみんな、特にインチャと話をしている。

 

例えば、〆切までにこっちが使うワイヤーフレームを作らなかった同僚にムカついたり、何だか苦手なデザイナーが居たり。

 

そして、昨日はスケッチをたくさんした。

 

描くという私の原点に帰ってみた。

 

スケッチをSNSに載せてみたら、反応悪っ…

 

まあ、そんなもんなんだな。

 

すごく素敵なスケッチだったのになあ。

 

インチャにかける言葉で、泣いてしまうところがあって、

「あなたのような人は今までひとりもおませんでした。

あなたが生まれた時、神様は微笑んだのです」

みたいなところなんだけど、まさかここら辺で泣いてしまうとは思わなくてびっくりした。

 

私の傷は生まれてすぐからあったようなのだ。

 

だから、朝起きたら、世界が私の存在を祝福してくれていることを自分に教える。

 

みんな、みんな、みんな、お父さんもお母さんも、お姉ちゃんも弟も、友人たちも、SNSでいいねくれなかったひとも。

 

みんな、

みんな。

 

おはよう、世界。

おはよう、私。

 

ゆっくりで良い。

ゆっくりと、ゆっくりと、傷を癒していこう。

 

みなさんも、それぞれに自分を祝福して一日を過ごして下さいね。

ベタですが、あなたも、かけがえのないひとり、です。

 

POI