風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

苦しい私

f:id:nanv:20180508225130j:image

 

いやあ、本当に眠たいですね。

雨ということもあって。

 

いくらでも湯たんぽと一緒に眠れるなあと思っている。

 

今日こそは、早く帰って、ごはんも食べずにたくさん寝たいと思っている。

 

本当は、会社休んでも良いくらいだ。

 

実は昨日、あまり良くない仕事をしてしまった。

とてもささいなことなのだけど。

 

でもそれで、死にそうに苦しかった。

インチャの私が、とても怖がっていた。

嫌われてしまうと。

 

こういう時に、何度でも何度でも、大丈夫だよ、そばにいるよと声をかけてあげられれば良いのか、と、インチャにやさしく語りかけている。

 

つらかったね。

怖かったね。

でも、私はずっとあなたの味方で、あなたはあるがままで良いんだよ。

 

このメッセージは、とても大きい。

とても、大切。

 

これを受け取っているひとと、そうでないひとでは大きな違いがある。

 

そりゃあつらいことも、ひとりで乗り越えられるよね。

だってある意味ひとりじゃないものね。

 

家族から愛をもらって生きているひとは本当に羨ましい。

 

私なんて、もう母親と何を話して良いかわからないし、母親の一挙手一投足に疲れるし、実家に帰って楽しいことなんてひとつもない。

 

気を遣って帰っているだけだし、私は自分の生まれた所の自然が大好きなのだ。

 

いつか、母親との関係がもっと楽になる時が来るはず。

要らないものを要らないと言い、欲しいものを欲しいと言う。

 

楽に、なりたいなあ、もっと。

なるために、今があるはず。

 

一晩寝ても、インチャが「助けて」と言っている。

今日はたくさん時間をとってあげたい。

 

会社も、もともと遅刻か早退したかったんだよなあ。

月、火と働いたから。

 

ちょっと、考えながら朝ごはん食べよう。

 

みなさんも、それぞれに、苦しい時をインチャと一緒に乗り越えて下さいね。

大丈夫ですよ。

 

POI