風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

ためないで、流す!

f:id:nanv:20180625215516j:image

(先日友人に教えてもらって、ヴィーガンハンバーガー食べに行きましたの)

 

おはようございます。

今朝は、目覚ましより早く起きた。

少し、変な夢を見て、この夢はもういいやと、起きた。そう言えば。

何かすごい。

 

起きたものの、眠くてなかなか動き出せなかったけど、起きた。

曇っていて助かった。

 

昨日は、半身浴をして、お湯をためてる間も、たまっていた洗濯物を片付けた。

 

天気が良くて干したものも片付けた。

わお、すごい。

 

以前も書いたけど、最近、アーユルヴェーダの蓮村先生の「毒をためる部屋、ためない部屋」を読んで、なるほどと思って、部屋をせっせと片付けて寝ている。

 

昨日も、疲れてはいたが、多分片付けて寝た方が明日起きられるのではないかな?と思って片付けた。

 

でも、私の疲れのバロメータ、足がつる現象が現れて、ちくしょうと思った。

何日か前にもつったんだよなあ、足。

帰りが遅かった日かなあ?

 

それもあるし、何だか昨日は暴飲暴食してしまったので、足湯ではなく半身浴をきちんとしようと思ったのだ。

 

たしかに毎日部屋がきれいだと気持ちが良いからやっているひともいるだろう。

片付けないと気持ちが悪いとか。

 

または、そうすることが良い行いだと思って部屋を片付けて寝るひともいるだろう。

 

でも、そういこと両方ひっくるめてアーユルヴェーダ的観点で見ると、入って来たものを流して、出して行く、正しく、かつ気持ちの良い行いなんだなあ!と感心する。

 

「正しい」って言葉は、とても難しく危ういと思うのだけど、アーユルヴェーダが言う「正しい行い」は、たしかに正しいと言わざるを得ないなあ…と思ったりする。

 

先日も書いたけど、あらためて、何度も思う。

 

そして、ここのところ取り組んでいる、私の作業と言えば、ゆるすこと!

 

色々、もりもりゆるしている。

 

昨日ブランチ屋で、うまくコミニュケーション取れなかった自分をゆるし、その時の相手をゆるし。

 

あと、今日夕方には若干暇になってしまったのだけど、いつも水曜の空き時間にやる仕事をやってしまった。

 

水曜が、結局いつも忙しくて、うわあそれやってない!とかになるからだ。

 

あと、それをやっておくと、明日午前半休とかしても大丈夫というのもある。

 

サボれるように用意しておくのは、今の私にはとてもだいじ。

 

昨日、アーユルヴェーダ的なコンセプトを持ったブランチ屋やってみて身にしみたのが、やはりアーユルヴェーダ的生活から遠いひとたちが多い。

 

…でも、望めば増えて来るのかな…。

 

あと、ここに前にも書いた通り、私は他のひととちょっと違う暮らしをしているのだから、他のひとと違う仕事をするくらい普通なんだと思う。

 

ううう…

早くそっちにシフトしたいよー。

 

どうしたら、シフト出来るんだろう?

私らしく、無理しないで、お金もたくさんもらえて。

 

でも、出来るはず。

 

どうやったら、出来るだろう?

こんなことが、したいな。

こんなふうだと、うれしいな。

 

これを、なるべく考えて、思い出して行きたい。

 

そのために、ためずに流していくの、だいじかな?

 

家のこと、朝の浄化、そしてホ・オポノポノのクリーニング、インチャケアと忙しい私が、更に忙しくなるぞ 笑!

 

自分のことで、それだけ忙しいって、多分素敵なことだ。

 

感謝して、今日も生きよう。

 

みなさんも、それぞれに、自分と向き合う時間を取ってみて下さいね。

 

POI