風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

THANK YOU TOKYO

f:id:nanv:20180701064325j:image

 

素敵な記念ライヴに行くことが出来た。

しかも会場まで自転車で行った。

何と素晴らしいトーキョーシティライフ。

 

東京で得た、感じたことは、必ず北海道の田舎でも実現出来ると信じている。

田舎でやるからダサイなんてことは、もうなくなる。私がいるからには。

なんて。えへへ。

 

そんな区切りを感じさせてくれたライヴだったけど、でもまたそのバンドのライヴには行くかもなあ…。

アーユルヴェーダのヴァーダ体質の私に大きな音はあまり良くないんだが、いつか行こうと思っていた、毎年やるアコースティックライヴも、今年いったん気軽に行くのは最後かもなあ、なんて思ったり。

 

とか言って毎年北海道から行くかもしれず。

 

なってみて、考えよう。

行きたいものに、ぱっと行けるようになると良いね。

 

それにしても月日の流れはひとを変えるね。

ケンカ別れしたバンド仲間を呼び戻すね 笑。

この曲を、またこのメンバーで観ることが出来るとは!という感動があった。

じーん。

 

と、そこで思うのが、自分にとっても、今、どうしよう、出来ない、どん詰まり、と思うことでも、月日が経てば必ずたどり着くところがあるということだ。

それは自分が望んだところ。

 

ちょっとかたちが違ったりしていても、必ず、行き着く。

そうなんだよ…。そうなんだよねえ…。

 

私はまた描くところへ行くだろうし、それを望んでるひとたちのところに、今度こそ本当に届くだろう。

 

私はそのことが実現するために必要な人たちと必ず出会うだろう。

 

…ってアファメーションみたいになって来たけど、そうなんだろうなあー、と、ライヴを観ていて思った。

 

私も、私が好きなミュージシャンも年をとって、好きなバンドのひとつのメンバーは既にひとり亡くなっている。

 

いつか、昨日見たバンドのメンバーが亡くなって淋しく、悲しくなるだろうけど、永遠を信じるようになってきた。

 

何というか…また出会うよね、みたいな。

 

「スピリチュアルかあさん」に転生のことが書いてあって、魂のグループがあって、そのグループはまとまって転生しているそうだ。

やっぱり世界は狭い、ってそういうことなのかもしれないけど、多分この好きなバンドのメンバーさんたちも同じグループなんじゃないかなあと思ったりしている。

 

どこかでは、私が、彼らのアイドルかもしれない。

良いね、それ。

 

この先(永遠に 笑)生きていくのに必要な情報をもらった感じがする。

 

満月が過ぎ、区切りの日々だが、今日は毒親グループカウンセリングに行ってくる。

 

帰りに映画寄りたいけど、そんなに情報を脳に詰めなくて良い気もする。

でも…行くかな。

行かないで後悔するより良いから。

 

私の好きな東京、今日もありがとう。

 

昨日、ライヴの最後にバンドのボーカルが言ってたの「Thank you Tokyo 」って。

 

別にそのひと、東京がこれで最後なわけではないのに。

 

でも、言ってくれて良かった。

私も、そう思ってたから。

 

楽しい時間を、ありがとう。

まだまだ、楽しむよ。

 

そしてポノして、流して行くよ。

今日ももう、暑いね。

 

みなさんも、それぞれに、自分の住む都市にありがとうと思ってみて下さいね。

 

POI