風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

安全地帯

f:id:nanv:20180816062057j:image

 

毒出し、加速して来た。

鼻水がたくさん出る。

 

さっき、間違って、給湯機オフにしたままお風呂のお湯を入れてしまって、水風呂を作ってしまった 笑。

 

はははー

毒出しだね。

 

声が出なくなるのだけは注意したいけど、今日は少ししゃべりたいなあ〜。

 

でも非道くなって来てるな、風邪。

これは気をつけないと。

 

出す力が弱いので、ガツンといってくれない。

ちょびちょび、どんどん、と出て、終わる。

 

ひきかけで治ることはあまりない。

 

はーーー、今日、ホームの集まり行きたくないなあー!

 

私に寄り添ってくれるひと、ひとりも居ないもん。

 

毒親に育ったひとが、人生を回復して行くのには、自分を認めていやしてくれる安全地帯が必要なのだそう。

 

それは基本的に脳内ではあると思うけど、話のわかる仲間や、嫌いなひとに合わなくて良い、大好きなものばかりがある自分の部屋なんかもそうだろう。

 

私は、北海道にも東京にも居場所はひとつもないけれど、この、自分の大好きな家が、部屋があって良かったと、昨日しみじみ思った。

 

私の城。

 

まさにそうだ。

 

外敵から私を守ってくれる。

 

そしてナイトたちが私を守ってくれてるはず。

 

早く出勤するので早起きした。

また毒を入れてしまうが、好きな、ドーナツとコーヒー買って席で食べよう。

 

今朝は炊き込みご飯炊いた。

しょうがの良い香りがした。

 

では、みなさんも、それぞれに、安全地帯で自分を自由にして、かわいがってあげてくださいね。

 

明日から夏休み!

明日は、また、色々つくるぞー!

 

POI