風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

予行演習

f:id:nanv:20170404214020j:image

 

この先なりたい自分のために、土曜も仕事を始めた。

まずは、お金にならないことから。

 

フリーになった時に、こう働きたいという時間割で、平日の夜には出来ない、勉強や、友人たちの手伝いになること、それからフリーになる時のための色々な準備をしている。

 

ネットで調べものをしたり、プログラムを書いてみたり、デザインをしてみたり、事業計画を練ってみたり。

 

ここのところ何年かは、平日も同じようにパソコンに向かって仕事をしているので、土曜も同じように過ごせば、きちんと仕事が出来る。

 

むしろ、お茶の時間やごはんの時間を、心から楽しめるので、とても楽しく仕事が出来る。

 

今日上げた写真は、祖父母の家からもらってきた、プレートつきのマグカップ。

少しかけてしまったが、気に入っていて捨てられない。

 

これで10時のおやつを食べた時、幸せで幸せでしょうがなかった。

そして、こうも思った、

 

ああ、これは、何年か後の予行演習だ。

 

と。

 

叶うから願う、ってことだ、と思った。

 

土曜しごとでまた楽しみなのが、湯たんぽで足を温めながら仕事が出来ることだ。

 

以前、フリーで週何日か、バイトを週何日という感じで仕事をしていたことは何度かあるが、今の、この感じは今までにない落ち着きだ。

 

まあ、まだお金になっていないことをやっているからというのは大きいが。

 

この予行演習を何度もして、何年か後にはお金がもらえるようになっているだろう。

 

北海道に住んでいるだろう。

 

その時大好きな、大切なひとと一緒にいるだろう。

 

私はそこへ行くために、ひとりで、始めてみている。

 

ひとりは自由だ。

思ったより孤独ではなかった。

 

今の大切なひととは、しばらく会っていないし、連絡も、先日、彼には不都合っぽいなと思う軽いお願いをしてしまったため、しばらくない。

 

だけども、一度、別れると決心して、行動に移せたことで、ホ・オポノポノで言う過去のクリーニングがされたのか、連絡がなくても淋しくない。

自由で、楽しい。

 

この間も、大好きな大きな公園に、ひとりで花見に行った。

保温ポットにお湯割を入れて笑。

 

すっごいすっごい楽しかった。

 

私の中の、新しい彼が、私のお供をしてくれている。

だから淋しくない。

 

思えば、私は、そうして土曜も何やかんややっても時間が足りないひとなのに、その空いてる時間に限って大切なひとと会おうって方が無理だったのだ。

 

(とっても私のことが好きなら、合わせるとは思うけどね…。)

 

私は、ひとりでもとても楽しい。

 

だけど、大切な、愛するひとと一緒なら、もっと楽しい。

 

そんな私にぴったりの相手に出会う、予行演習も、しているのかもしれない。

 

明日もホ・オポノポノでクリーニングして、ゼロからの日を過ごそうと思う、

 

いよいよあったかくなるみたい!

 

おやすみなさい。

 

POI