風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

だいっきらい

f:id:nanv:20160725235241j:image

あんなやつ、だいっきらい。
と、会社のSEに対して思った。

SEとおっちょこちょいは本当に相性が合わない。

私だってわかっている。
6回から8回くらいやりとりした中で1回だけ品番を逆に書いてしまった。

そしたら「その品番に、そのソースはない」だって。
何回もやりとりしてるんだから、逆に書いちゃったのか?とか気付けよ!
中のソース見る前に私に訊けよ!

そんなことより号泣してしまったのが、品番間違えた自分に対してだ。
これが、他のひとなら間違えないのだ。
私だけがいつも間違える。

いつも。
いつまでたっても。

それがショックで、でも直すやり方もわからず、帰りの電車でも、お母さんに電話しながらも、風呂の中でも泣きに泣いた。

今でも涙が止まらない。

おっちょこちょいじゃないひとにはわからないだろうが、本当に手のほどこしようがないのだ。
自分でだって気づいて直していきたいのだが、気づくとおっちょこちょいをしているのだ。後の祭り。

泣いても泣いても止まらない涙。
泣いてるくらいなら打開策を考えろと思うかもしれないが、ないから余計泣けるのだ。

もういいや。

明日目を腫らして、この世の終わりみたいな顔して出社しよう。
本当は明日会社休みたい。
もう、本当はSEがだいっきらいだから会社やめたい。

けど、上げなきゃいけない仕事があるから行く。

今日だって、今日上げたかった仕事がシステムのせいで上げられなくて、焦って品番間違えたんだから。