風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

ぎゅうぎゅう詰め

f:id:nanv:20161024071326j:image

 
幸福の、ぎゅっと詰まった週末だった。
 
気付けば2週間ほど、大切なひととケンカしていない。
これはすごいことだ。
やっと、お互いのペースが取れて来たのかもしれない。
 
あと、社会についてあまり話さなくなった。
思ってることやトピックはあるのだけど、私は、自分の中で勝手に消化している。
 
少し前から、大切なひととは身の回りのことだけ話すのがいいと思っていたので、その通りだったということなのだろう。
 
さて、この週末は、やりたいこと、話したいことがたくさんあったのだけど、それがほとんど達成出来たのに驚いた。
 
いつもなら疲れて行けない散歩に行けたり、ケンカして決められない予定などもすんなり決まって行った。
 
私は白湯の本を読み、より詳しくなって彼に伝えてみたら、そんなに否定もされず、やってくれそうな気配だった。
 
こんなにぎゅうぎゅうに詰まった予定が、するりと終わり、やたら寝たがる彼が全然そんな素振りもなく帰って行ったのが、本当に今までにないことだと思った。
 
クリーニング、なのだろうか?
 
そうかもしれないし、ちょうど二人の星の位置が良い、とかかもしれない。
 
新しいことが楽しく動き出しそうな様子も見えて来て、転職を考えている私には本当に良い週末だった。
 
そうだ、そう言えば、引いたカードが2種類とも同じことを言っていて、そんなことは滅多にというか、初めてくらいなので、今はやりたいように進めて行けばいいのではないかと思っている。
 
きらきらがぎゅうぎゅう詰めの週末だった。
 
良い一週間になるはず。