風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

疲れを認める

f:id:nanv:20170605065537j:image

 

朝はたいてい5時くらいに一度目が覚めるのだが、そこから気づかないうちにまた寝てしまうことがある。

 

日曜日に続けてそうなったので、あれ?これはさすがに疲れなのかな?と認め、疲れて眠いのか、めんげんで眠いのかを何となく実験して寝てみた。

 

起きた時間はかなり遅いのだけど、ああー、私は疲れてるんだ、今も、と確信した。

 

疲れているというのは、悔しい。

きちんと生活できていない、自分をいたわれていない感じがする。

 

けどなあ…。

自分をいたわると、毎日寝てばっかりになってしまう。

 

でも…、それは今、結構望んでることだからそれでも良いのかも。

 

疲れを持ったまま、東京観光の下見に行った。

大切なひとは珍しく時間通りに来て、予想通りケンカ別れをして帰った。

 

でも、途中、楽しそうだったので良かった。

 

チャットで嫌味を言われ、カチンと来たが、何かどうでも良くなって来た。

 

相変わらず今朝も疲れているが、アーユルヴェーダや冷えとりが効いていないとは全然思わない。

疲れのわかる体になってきてるのか、それとも、この疲れがめんげんなのかもとすら思う。

 

体験談のように何ヶ月で効果は出ていないけど、それだけ毒の出しにくい体になっているんじゃないかと思う。

 

私は、私の大切なひとや、私の母から見ると、いつも自由で好きなことを言って生きているようだが、いつも彼、彼女の前で我慢して気を遣っている。

 

そういうのが、もしかして強いのかもしれない。

 

もしかして、毒を出したら母との関係が変わるかもしれない。

母との関係が変われば、大切なひととの関係もおのずと変わるだろう。

 

私は人生でたくさん頑張って来た。

その疲れを取る気持ちで、しばらく寝ようかと思う。

 

みなさんも、良い眠りを!

 

POI