風呂と白湯

今日はとりあえず寝よう。朝になったら白湯を飲んで、風呂に入ろう。

それでもポノ

f:id:nanv:20170927070933j:image

 

うわあ〜!!悔しい!

税金納入の催促が届いていて、おかしいな?この間払ったはずだぞ?と思ったら次期のものを払っていた。

 

では今期の納入書は何処へ行ったのだ…。

 

めっちゃ言い訳と思われそうだが、こういう時は素直に役所に電話。

来期の税金払って今お金ないので、分割させて下さいと。

 

ここ何日か、ずっと母のことを考えている。

スーザン・フォワードの「毒親の棄て方」を手本に、どうやって境界を引くかを。

また、幼い頃にされて嫌だったことを。

 

大人になったから、あの時の母の気持ちもわかるなあとなとは思いつつ、ああー、このことがここにつながっているのか!!となり、こりゃ何とかせねばと思うことも出てきた。

 

私が主に職場で出会う嫌いなひとは、たいてい母親の嫌な部分を持っている。

 

まず、自分がとてもかわいそうだと思っている。

そのことを私にぶちまけたり、非道い場合はその部署全員に言いふらす。(前回それでつらかった…。しかもそれをわかってくれるひとが居なかった)

 

ある時は、私が邪魔という所も出る。

 

母親にされて傷ついた、いや、今も傷つくのが、この「あなたなしでも私は大丈夫」とか「あんたなんていらない子」みたいな態度だ。

 

知能障害の姉と、甘えん坊の弟の間で、私はどうしてもひとり賢くならざるを得なかった。

しかし、大人になって彼らの手が離れても(姉からは離さなくて良いようにした。施設から自宅に引き戻し、過保護気味に世話をしている)、私に甘えさせてくれる様子はない。

 

いや、見た目にはあるのだ。

たことに対してお小遣いをくれたり、私の自由を尊重してくれる素振りを見せたり。

 

しかし、私は母親から見て邪魔な存在で、折々で私の存在を否定する。

 

北海道移住計画でそれがかなり顕著になっている。

 

母親の悪口のようなことを書き連ねてしまったが、私は母が好きである。

そして、私がより私らしくして強くしなやかに生きていくために、この、されて嫌だったこと、傷ついたことを洗っていく必要があるのだ。

 

結構きつい。

 

そして、洗い出したり、怒りを覚えた時、いつもポノっている。

 

出来れば、ポノでだいたいを解決させたい。

それも多分可能なことかと思う。

 

でも、この毒親対処法に出会ったのも、ウニヒピリが必要と思って見せてくれてるものなんだろうなと、ポノってポノって、対処法に取り組んでいる。

 

母親との関係や、母親に言われた嫌なことでいつも思い出すもので、他人を怖がり境界を引けないことが、私には多々あったなと知れたのは収穫だった。

 

あと少し、あと少しだ、多分。

 

玉ねぎの皮を、ゆっくりむいていこう。

 

さわやかな秋晴れ、良い一日を。

 

POI